実際には、ギャンブルとアートを明確に比較することはできません。しかし、近年は、著名なアーティストの中にもギャンブルを自分のアート作品の中心に使うもいます。ただ、ギャンブルのテーブルから触発されたアートは進歩的な作品ではないということもすでに分かっています。 

否定的な意味合いの中で、カシアス・マーセラス・クーリッジのポーカーをするイヌという遊び心に満ちた表現は、ギャンブルに触発されたアートの中でも最も人気のある作品の一つになりました。その時点では、この傑作はバーの多くで見られるポップアートの図像として飾られました 

ギャンブルを表現した最も興味深い絵画は、2億5千万ドル(約260億円)以上の値で落札されたセザンヌの作品です。このアート作品は歴史上最も高価な作品の1つです。 

結局のところ、ギャンブルいつも否定的な意味合いをもたらすわけではありません。アーティストがギャンブルを自分の傑作の中にどのように取り入れているかによるのです。ギャンブルのゲームが何か魅惑的なもののように見えることがあってもおかしくはないのです。